ブログ

ドイツサマーワークショップの感想

スタジオ便り | 2016年11月22日 火曜日

marina%e7%b8%ae%e5%b0%8f

「ミュンヘン国際サマーワークショップに参加して」 石橋真里奈

今年の夏休み、私はドイツのミュンヘンで行われた国際サマーワークショップに参加しました。昨年12月のコンクールでこのような機会をいただきました。

16日間の短期留学でしたが、非常に多くのことを学べた貴重な体験でした。
日々のレッスンの大切さ、自分自身のレッスンへの心構えの大切さを見つめ直す機会となりました。

朝8時のボディコンデショニングに始まり、午前中はクラシックの基礎練習の繰り返し、そして午後はコンテンポラリー、モダンのレッスンで、すべて英語で行われました(ドイツ語ではなかったので助かりました!)。

初めはお互いによそよそしかったメンバー同士も、レッスンを重ねるごとに仲良くなりました。お互いの夢や悩みなどを語りあえる仲間ができたことも貴重な宝物になりました。

レオタードに着替えた途端に、皆のバレエに対する情熱が伝わってきました。
皆のスタイルの良さに驚かされましたが、私も自分の個性を出そうと必死で頑張りました。

今回のワークショップでは、コンテンポラリーもとても大事なカリキュラムでした。
オーブバレエでは、コンテンポラリーのレッスンが充実していたので、レッスンをより深く理解することができました。

留学の最終日、ドイツ国立バレエ学校の先生方の前で参加者が成果発表をする機会がありました。
2週間で学んだことを舞台で踊ることができ、そして思いがけず最優秀の成績をいただくことができ、とても嬉しかったです。

ミュンヘンの先生の言葉の一つ一つは、実は毎日のオーブバレエのレッスンとつながっていました。
まりこ先生をはじめ、小林先生、麻衣先生、雅子先生の一言ひとことの大切さを身をもって知ることができました。

日々のレッスンの大切さ、どのレッスンも無駄にしてはいけないということ、1回1回のレッスンに向き合う心構えがとても大切だということを、改めて実感することができた16日間でした。

バレエに対する考え方も変わりました。バレエは競争ではなく、与えられた踊りを精一杯に心を込めて踊り、少しでも良い踊りが出来るよう努力することが楽しいと感じました。

オーブバレエの先生方、ミュンヘンでご指導くださった先生方、このような機会を与えてくださった皆様に感謝いたします。

2016年9月   石橋真里奈

  • アーカイブ

    • 2018 (2)
    • 2017 (5)
    • 2016 (25)
    • 2015 (16)
    • 2014 (12)
    • 2013 (31)

PageTop